機構部品 樹脂製品 POM 樹脂ベアリング プラスチックベアリング ロータリーダンパー オイルダンパー ワンウェイクラッチ トルクリミッター TOK トックベアリング

先輩社員の声/技術職

image

寺田 昴平 MCP事業部2GTSG所属 2015年入社 成蹊大学理工学部卒業

就職活動を振り返って

大学では機械工学について学び、その中でCADによる作図や機械設計に面白みを感じるようになりましたので就職活動では設計に携われる職種を中心に企業を探していました。自分が何かを達成したと感じられる仕事がしたいという考えもあり、設計職でしたら構想したものが形となって達成感を感じられるのも選んだ理由の一つです。

当社の志望動機

image

就職支援会社の会社紹介で当社を知りました。
作られている製品が冷蔵庫やトイレ、ATMなど幅広い業界で使われている所に魅力を感じ、何回か面接をする中で面接官を含む社員の方の人柄の良さに惹かれ、この人達と一緒に仕事をしてみたいという思いが湧き上がり入社を決めました。

入社して感じた事

PCの前で作業することが殆どだと思っていましたが、性能評価の為工場に製品を組立に行ったり、客先に訪問し技術的な説明をする機会が多いと感じました。
社内はもちろん、社外の様々な考え方を持つ人達とお話しすることが多いので日々多くの刺激を得ています。

現在の業務内容

image

最初の引合から製品が量産されるまでの流れ全てに関わっています。
お客様が求めている要求に対し提案、試作、評価を行いお客様がご納得いただけるまでこれを繰返します。
そして次のステップとして生産実現の為、現場や協力工場の方々と密に連絡を取り合い製造ラインを立ち上げます。
限られた時間の中でより良いものを提案していく為常に先を見据えて行動が出来るよう心がけています。

※入社してから現在までの流れ

1年目:社内製品や設計職としての基本知識を習得。
2年目:引合・設計の担当を任されるようになり客先や協力工場に出向く機会が増え始める。
3年目:上司・先輩が描いた図面の検図や報告書の確認を任されるようになりさらに責任が増え始める。

やりがいを感じるとき

自ら手がけた製品が量産される様を見た時はもちろんですが、問題に対して原因究明を行い思惑通り改善された時にも充実感を感じます。
初めて担当を任された案件の量産立会いの際は、不良品が多く発生してしまい、苦労していましたが、現場の方々と協力し不良品と良品で何が違うのか調査を行い、考えた打開策が上手くいった時は非常に達成感を感じました。

今後やってみたい事

知識や技能をさらに深めていきたいです。社内教育だけでなく通信教育等を活用して学び、後輩に何を聞かれても的確に返答できるような先輩をめざしています。
そして将来的には当社で培った経験、知識を生かしてニーズにあった新製品の開発を行えるような技術者になりたいです。
その為にもお客様の難しい要望にも諦めず積極的にチャレンジしていきます。
image
ページ先頭へ戻る